スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊界日記



久しぶりに、スピ系の本を読みました。
臨死体験でもなく、自動書記でもなく、著者の生きながらにしての
体験を日々、日記に綴ったものを本にしたものです。

よくわからない言い回しが多かったけど、夜寝る前に
ベッドの中で読むのにもってこいの本でした。
以下に、軽く抜粋。
-------------------------------------------------------

・白昼、昼頃、私のもとにいた天使が、
「食卓で腹いっぱい食べて、自分を甘やかしてはならない」
と私に話かけた。

・世俗的なことに心を奪われると、霊との交流は中断する。

・私が世俗的なことに深く心を奪われた時、例えば、必要な
費用について煩ったり、――――
私はいわば形体的な状態に落ち込んでしまい、霊たちは
私と話すことができなかった。

・このことから私は、霊たちは、世俗的で形体的な関心事に
過度にこころを奪われてしまう人間とは話せないということを
知った。

・人間のあらゆる病気は、―――おびただしい数の病気が、
例えば、様々な悪徳や多くのそうしたものへの惑溺、好色から
来る様々な肉体的快楽、また将来への不安といったもろもろの
誤った欲望だけから起こっている。

これらがあらゆる病気の真の原因である。―――
これらの欲望が血液を腐敗させ、血液が腐敗すると、血液は
極少の血管を損傷し、これをふさぎ、そのために病気が発生する。

したがって、地獄から来るそうした霊気に病気は対応していると
いうことになる。

もし人類が善の状態に生きたならば、人間は徐々に衰弱して、
老年の最も衰弱した状態にまでも達して、肉体がもはやその
人間の内なる人間に役立たなくなる時に、病気にかかることなく、
その地上的な身体から他生へ移ってゆくのである。

・霊的な知恵は、それが物質的な観念から遠ざけられるに
比例して成長する。この理由のために、古代の人々は、人間は
感覚的なものから後退するに応じて光の中に入って来ると
言い習わしていたのである。

・人間には認知不能の、極めて精妙な、あるいはきわめて壮厳な
想像力から発する歓喜は、絶対的に筆舌に尽くしがたい、無限の
多様性を伴う天界の楽園そのものなのだ。

というのも、表象がきわめて生き生きとしているので、それは
人間が自ら想像したり思いついたりするものよりも無限に優れて
いるからである。

これは、誰もが自分自身のものであることを望まないで、ひとり
ひとりがすべての者のためになることを最内部の情愛から熱望する
という、すべての者の相互的な愛と一致に源をもつ。

・悪霊たちは悪をかきたてる酵素のようなものである。天使たちが
そのさい悪霊に迷わされるのをみずから許容するなら、彼らもまた
しばらくの間、天界から追放され、適当な剥脱を受け、その後で、
再び天界へ受け入れられる。

・愛とは、自分を他者に与えようと願うことであり、自分にでは
なく他者に仕えることに喜びを感ずることである。そして、
こうした者が多くいる時、そこに相互的な愛が生まれるのである。
なぜなら互いに似たものは相互的だからである。

しかし、自分を他者にまさって愛する者や、金銭にガツガツした
者、ましてや強欲な者はこの相互的な愛を受けることができない。

・彼らが愛の状態を受け入れる度合いに精確に応じて、その状態は
天界となる。ある者たちは、高いところにいたとき、そこにいた
天使たちとの交流が許された。

というのは、彼らには天使たちが見えなかったからである。しかし、
交流が起こると、天使たちはしばらくの間、現れる。悪い者たちは
その時、そこから真っ逆さまに自らを投げおろす。

なぜなら、彼らはみずからの悪の度合いと性質とに応じた過酷な
地獄を、自らの内側に感じるからである。

・天的な愛のうちにいず、したがって認知をもたない別の者が
こうしたものに近づいても、その者は自分の眼でそこに何も見ないで、
どんな美も欠いた何かぼやけたものだけを見る。

このように、対象は各人の愛と、その結果生まれる知恵とに
応じて見られる。

・――しかし生前誰かに憎しみを抱いた者たちは非常に不幸である。
なぜなら、こうした者たちも共にやってきて憎みあうため、彼らは
きわめて大きな苦悩と不幸に陥るからである。

――憎しみには注意しなければならない。彼らの生命は肉体のうちに
あった生命に酷似しており、彼らは生命に関して、みずからが肉体の
生命のうちにいるとしか考えていない。

・活動的な生活がなくては、人間は喜びをもつことができません。
それで、そうした使命を果たした後では、人間は喜びの状態で
帰ってくるのです。

・人間は憎しみを抱かれた死人によって無意識のうちに悩まされる。

・人間はどんな方法であれ、合理的なものを培いさえすれば、他生で
社交上何らかの魅力あるものをもっている者たちのあいだにいること
ができるでしょう。

なぜなら、他生では合理的なものが話すのであって、科学的な能力に
関る合理的なものが話すのではないからです。他生では記憶は閉じら
れてしまいます。

もし彼が善と真理に対する情愛とのうちにいるなら、その時、彼の
合理的なものは完全なものになるでしょう。

・(ニュートンの霊の言葉)「私は今、主は天使たちの天界の太陽だ
ということと、その本質が神的な知性であり、天使や人間に知性を
与える光は主から発しているということを知っています。

けれども人々は、この光が理解力を啓発して自分達に知性的に考え
させているものだということを知りません。

また私は、万人を生かしている一なる生命が存在し、この生命は
彼らに光として現われ、人間の生命はこの光から発することを
知っています。それは人間の最内奥へも流れ入っていますが、
人間にはあたかもそれが自分自身から発するかのように現れています。

私のいるところでは、世にいた時よりもはるかに輝いた、はるかに
変化に富んだ色彩が現れています。この色彩は神的な光の変容に
その起源を有し、天使や人間にそなわる、生命を受容する形態の中へ
と注がれます。理解力の多様性はここから生み出されるのです。

・呼吸が残っている限り、人間は知覚を持ち、その呼吸が私がもった
ようなものであれば、人間は五感の対象ないし外なるものからでは
なく、内なるものから知覚もつからである。

・現代ではどんな本当の信仰も存在しないことが認められた。
なぜなら、信仰は愛に属し、憎しみが行き渡るところには愛は
存在しえず、したがってどんな信仰も存在しえないからである。

--------------------------------------------------------------

この本は、著者が自分自身のために、メモ的に書きとめた内容を
公開しているようなものなので、よくわからないところが多く、
レビューもあまりよくないですが、以下の本は好評そうなので、
次回借りてみようかな。



スポンサーサイト

世界一わかりやすい脳を鍛えて記憶力を強くする方法



なんとなく借りてみました。
それなりに面白かったです。

ぶ厚い本なんですが、雑談が多く、有意義に活用できる内容は
全体の3分の1くらいかなぁ・・・

独断も多く、著者は宇宙人の存在は、全く信じてないようです;;
とりあえず、以下に少しピックアップ。
---------------------------------------------------------

・頭の良さと優しさを相手にアピールしたいと思ったら、
まず相手について質問し、相手が専門とする分野に関しての
アドバイスを求めることです。

・二つのグループのラットの脳を調べてみた結果、知的な
刺激を与えられたラットの脳は静かで退屈な環境に置かれた
ラットの脳より実際に大きく重くなっていました。

・どの筋肉でも、使い続けることによってより強靭になり、
働きも向上します。それは、脳についても言えることなのです。

・ラットに通常のカロリーの約3分の2の量の餌と、
十分なビタミン、ミネラルを与えると、ラットの寿命が
延びるだけでなく、記憶力を高め、老衰を防いだり遅らせた。

・毎日、早足で30分ほど歩けば十分な運動量と言えます。
歩くことによって、すぐに効果が現れます。早足で歩いた後は、
脳に流れる血流の量が増加し、思考力と集中力を高めます。

気の散るものがない場所を選べば、散歩は考え事をしたり、
計画を立てたりするための最適の環境と言えます。

・恐れやヒステリーは、共同生活体の中でウイルスのように
拡がる。

・目撃者による犯人の確認は、非常にドラマチックで説得力が
あるものですが、実際にはあまり信頼できるものではない。

・情報を共有すると、都合よく一致する「記憶」を作り出して
しまいがち。この記憶は、危険といっていいほどあてにならない。

・テストを受けるとき、準備して内容を覚える以外に大事な事は、
リラックスすることです。


The Man with a Shattered World 破壊された世界をもつ男

退行催眠

レイモンド・ムーディー氏の本でも、
ほとんどの人、7割以上の人が、
退行催眠で過去世を経験するわけだから、

だれでも自分自身でできるはずです。
一番、大切なことは、完全にリラックスすること。

(リラックスできていない状態というのは、
意識または肉体上に緊張があって、
それがこの現実世界に縛り付けているので、
なかなか別空間に入れない状態を作っている。)

そのために5感を完全にこの世界から
切り離せるようにすること。

耳は常に外界の音を捉えようと緊張してるので、
耳栓をするか、リラックスできる音を
自分が最もリラックスできる音を見つけること。

砂嵐音
ホワイトノイズ
雨の音

私はホワイトノイズか、静かな雨音が、どっか異空間に
意識がいってしまいそうな感じになります。

 

体の緊張もほぐせる体勢ががいいので、寝転ぶとか
椅子に脱力して座るとか、自分がもっともリラックスできる
姿勢で座るなり寝るなりして目を閉じて・・・

呼吸は深くゆっくり静かにう腹式呼吸をして・・・
あとは、簡易退行催眠方法で、現在から少しずつ
過去へ過去へと記憶を遡らせて・・・

簡易退行催眠

完全にリラックスして・・・過去に遡って行ってみたけど・・・
でも、経験できなかったという場合は、
上記のサイトに書いてある通り、
過去世を経験する必要がないからだと思われます。

でも、たいていは、完全にリラックスできていないが
ゆえに入れないのだと思うので、あきらめず、
毎日といわず、気が向いたときに、気ままに
挑戦してみるといいと思います。

何回か繰り返してるうちに、
そのうち入れるようになるでしょう。
人は、寝てる時、別世界にいるわけだし^^

生きる/死ぬその境界はなかった



臨死体験ブームの先駆けとなったレイモンド・ムーディー氏の
総大成のような本です。とってもいい本でした。

臨死体験関係の本を読めば読むほど、
結局、人は、この生の世界以外の世界を考え始めることで、
スピリチュアルな人になっていくんだなと。

もともと人は、この目に見える世界と、この人の体に備わった
目では見えない世界とにまたがって生きているスピリチュアルな
存在なのだから、スピリチュアルになって当然なワケですが。。。

では、以下に軽く抜粋。
-------------------------------------------------------

・病にある時、人は弱さを感じる。だが、同時に強さを感じることも
できる。それはものごとをどう受け止めるか、そこをいかに掘り進んで、
新たな力の源を発見できるか否かにかかっている。

・Q:精神と肉体は共存しているといっていいですか?
 A:全くそうではない。私にとっては、脳は受信機のようなもので、
  それ自体が意識を生み出しているわけではない。脳は別のところから
  意識を受信している。

・誰であろうと、皆生と死に関して同じ疑問を持っている。その疑問に対し、
満足のいく答えがまだ与えられていない。時代は進み、世界は変わる。
しかし『われわれはなぜ生まれ、死んでどこへ行くのか』という問いに
答えて欲しいという、人間の望みは変わらない。

・私は肉体の死後にも生命が存在することを知りました。
その生命にとって愛が重要だということも、わかりました。

・生きる中で人事を尽くしていると、ときに思いがけない発見をする
ことがある。その発見はあなたを、思いもよらない方向へ導く。
そのような体験を経て、人は人生の指針を得る。これが天命というものである。

・あの時、地上で生きるとは監禁されるようなものだと感じたんだ。
肉体の中は牢獄のようなもので、死はそこからの解放だった。

・プラトンはさらに、私たちが死後生命について話す時、冷たく硬い言葉を
使うのではなく、死を恐れる人々のために、心が休まるような言葉を使うべき
であるとのべている。また死後生命について語ることは、ある意味で一種の
まじないや、「魔法の言葉」を使うことにも似ているという。

「なぜなら、それを心の中で繰り返し唱えることにより、私たちはこの地上の
人生の浮き沈みを乗り越えて行けるのである」

・臨死体験者らは「死に対する見方が変わった」と告白している。彼らは
もはや死を恐れない。しかし死に急ぐのではなく、死ぬまでにやるべきことが
あり、成長すべき点があることも自覚している。

・死にゆく際の心の過程には5つの段階がある。
はじめに「否認」:自分はまだ元気だし、死ぬというのは間違いではないかと
思う段階。2番目に「怒り」:なぜ私が死ななければならないのか、と怒りを
ぶつける段階。3番目に「取引」:死なずにすむために取引を試みる。(
子供が成長するまでは生きさせて、など)。4番目に「抑うつ」:私は死ぬん
だという投げやりな気持ち。最後に「受容」:死を受け入れ、死に備える段階。

・私たちは病を得るという体験がどういうものかを知るために、
かかる病を選んでいる。

・心と体は深くつながったものである。

・ギリシア文明とスクライング~『ギリシャ人と非理性』

・ときに私たち最大の敵は、自分の心にわき起こる否定的な思いで
あったりするものだ。

・私は自分の自殺未遂について尋ねた。それは必要なことだったのか?
彼らのうちのある女性が、自殺は必要ではなかったと言ってくれた。
なぜならこの地上における問題は、思っているほど意味のあるものでは
ないからだと。

「人が地上にいる時、人生の諸問題は非常に大きく感じられるものです。
しかしいったん地上を去ると、いかに小さなものだったかわかります。」

「そんなことはどうでもいいことです。お金は地上だけのものです。
ふりまわされてはいけません。」

・既成概念にとらわれることの危険、幅広く柔軟に考えることの大切さ。

・私たちがいる地上世界は、私たちの想像の産物、虚構に過ぎない・・・
そう思うくらい、向こうの世界の方がリアルだった。

【著者の他の本】
『永遠の別世界をかいま見る 臨死共有体験』
『帰還――精神科医による過去世の探求』


---------------------------------------------------------

ところで、以前、ヒプノセラピーやら、退行催眠のセミナーとか
よく参加してたことがありますが、今までに、
一度も過去世を体験したことがりません。。。

でも、興味はずっと持ち続けてるので、やはり一度は
体験してみたい!
で、退行催眠のやり方を探してみました^^

一人でできる退行催眠のやり方
自分で退行催眠をやってみよう
自分でやる退行催眠、簡易バージョン

ムーディー博士の退行催眠でも、
初めはかからない人でも、何回もやるうちに
入りやすくなるとあるので、

たぶん自分で自分にかける場合でも、
1回やってダメでも、何回かやるうちに、
入れるようになるのかもしれません。

ということで、私も試してみようと思います^^v

「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める 2



また、予約していたら、順番が回ってきて、
借りれたので、前回の続きから、さっさと読み終わらせました。

いい本です。
以下に軽く抜粋・・・といっても、たくさんあるかもwww
-----------------------------------------------------------

・ノーマン・シーリー博士が開発したオイル

・「全米ナンバーワンの痛みとゆがみの解消法」による
エゴスキューというエクササイズ

・魂のエネルギーの高さ・低さは、その人の心や感情の
持ち方、発想法で変わってくる。

例)・ものごとをポジティブにとらえ、常に前向きに発想・
   前身する人はエネルギーが高く、ネガティブ発想で、
   こだわりが強い人や執念深い人はエネルギーが低い。

 ・いつも感謝の気持ちで生きている人はエネルギーが高くなり、
  不満をたくさん抱え、不平ばかり言いながら生きている人は、
  エネルギーが低くなる。

 ・幸福感や喜びに包まれて生きているとエネルギーが高くなり、
  悲しみや嫉妬、恐怖、不安などに心が覆われている人は、
  エネルギーが低くなる。

●自ら生まれもった才能を発揮し、人の役に立つことが、人生の
 上ではとても大切。これこそが、私たちがこの世に生まれてきた
 目的であり、「生きる」ということ。

●未来は、必ずしも確定しているわけではない。結果を変える
 チャンスもある。人間には自由意志が与えられているが、結果を
 変えるのはこの自由意志による「愛を基盤とした行動」に他ならない。

●一人ひとりが自分の本当に得意な事を見つけて、それぞれの能力や
 才能を活かして、人のため、世の中のために尽くしながら生きること。

●今現在の、この時のすべての瞬間が、私たちに与えられた素晴らしい
 プレゼント。かけがえのないプレゼントに心から感謝して生きること。

●誰かへの愛や思いやりが、世界全体を良くするエネルギーになる。

●「真の赦し」が行われることによって、愛の質量が増え、魂は
 成長・進化する。

◎私たちはこの世に、「体験」と「学び」、「成長・進化」のために
来ている。

・「天はその人に越えられない試練は与えない」というけど、それは
つまり、それぞれの魂の成長のレベルに応じた体験や試練のチャンスが
与えられる。ということ。

・天はもともと、その試練をその人が乗り越えられるということが
わかっていて、与えている。

・魂にとって、すべての体験が貴重。しかも、貴重なのは、その人の
魂にとってだけではなく、同時にその周りにいる人の魂にとっても、
貴重な体験になる。

・そしてもっとも大事なことは――一人の人間の魂の体験・行動は、
実は、周りの身近な人達だけでなく、この世界に、宇宙全体に作用・
影響を及ぼしていくことになる。

・「あの人は嫌な人だな」と思ったら、その人は、自分が主役の舞台では、
わざわざ悪役を演じてくれている人なんだと思えばいいのよ。

こうして様々なシーンを演じながら、また、様々な役割を演じながら、
魂は体験を積み、成長・進化している。

・一人の魂のプラスの実績は、グループ内の他の魂やガイドたち、
みんなのプラスの実績になる。逆に一人のマイナスの実績は、みんなの
マイナスの実績になるというのだから、責任重大。

・メッセージをまっすぐに受け止め、すぐに行動に移す。その素直さや
行動力、実践力。そして生きることに真摯なこと。

・電車の席が空いたり、普通ならダメなことが、何か偶然のようなことが
起きてOKになった、なんていうときにも、くれぐれも「感謝」を忘れずに。

・与えるだけでなく、受け取る――感謝しながら受け取ることで、相手の
方に『与える体験をさせてあげる』ことも、大事なんです。

遠慮ばかりしていたら「与えられる」という体験のチャンスを逃してしまう。
そんなことでいつまでも「与えられる」体験ができずにいれば、それは、
せっかくの魂の成長の機会を逸してしまうことにもなる。

・人に親切にしてもらったら、それを素直に受け入れること――もちろん、
感謝をもって。周りにも「与える」体験のチャンスをたくさん作り、
それを有難く「受け取る」体験も非常に重要。

・与えているから与えられ、与えられるから与えている。
これも表裏一体。どちらか一方だけでは、ダメなんだ。

・自分という人間は、この世で唯一無二の存在で、しかも、その一人一人の
存在が、この世にとっても、かけがえのないとても大切な存在。

・愛とは他の人たちに良いことをしたくなる欲望
「Love is the desire to do good to others.」

・愛の質量を高め、愛のエネルギーを拡げ、世の中を愛で満たし、
より良い世界に、宇宙にすること。
これが究極の「魂がこの世にやってくる目的・理由」だから。


・その究極の目的を果たしていくために――

●自分の心と体の健康を、自分でつくっていくこと。

●自分の能力に気づき、その能力を発揮しながら、最高の自分を生きること。

●最高の自分を発揮して生きることで、人のため、世の中のために尽くして
いくこと。(これこそが、人間にとって最も豊かで幸せな生き方であり、
人間がこの世で生きる意味。)

●毎日「生かされていること」と、「生かしてくれている」ことの全てに
感謝すること。

●毎日小さな事でもいいので、周りに思いやりや親切な行動を実践し、
前向きで愛のある褒め言葉や激励を発し、希望や美しい行為・ものを
周りに拡げる。

●将来のことは心配しないで、とにかく毎日を、真心をこめて全力を
尽くして生きること。

――そうすると、必ずや未来が開かれる。
宇宙はそのように、うまくいくように出来ているのだから。


・未来は、必ずしも確定しているわけではなく、結果を変えるチャンスも
ある。そしてそのチャンスは、人間の自由意思による“愛を基盤とした
行動”によって与えられる。

・自分の能力を最大限に生かすことに努め、
人々に良い影響と元気を与えること。この世を去るまでに。
人生は、天からのご褒美なのだから。

「Aspire and inspire, before you expire. Life is reward.」

「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める



ダニオン・ブリンクリー氏の新しい本のようで、
予約者が多く、延長できないので、今日、返却です。
Part 1までしか読めなかったんですが・・・

とりあえず、少し以下に抜粋。
-------------------------------------------

・人は様々な人と相互に関わり合いながら生きている。
そのなかで、自分の能力を活かしながら人の役に立つこと、
それが人生の目的である。

・「死の真実」を知ること。
そうすれば、どんな人間でも、正しく生きる道を拓くことができる。
なぜなら「死の真実」を知ることで、人は「生きる意味」を
知ることができるから。

・「自らの過ちの追体験をし、認めることで、魂が救済される」と
いう意味もあるらしい。

・「宇宙は、私たちの願望が達成されるように組織されている」と
いうこと。つまり自分が「こうしたい」「こうありたい」と念じて
いれば、その願望は叶うようにできている、ということ。
人間には自由意志がある、ということだ。

・「宇宙は永遠」「それゆえ、『死』というものは存在しない」

・「未来は、必ずしも確定しているわけではない。結果を変える
チャンスもある」と、そしてその結果を変えるチャンスは、
「愛を基盤とした行為」によって与えられる、と。

・「霊的資本主義」~「一人一人が、自分の本当に得意とすること
を見つけて、それぞれの能力と才能を活かして、人のため、世のため
に尽くしながら、収入を得ること」

・ストレスはマイナスの力と恐怖を引き寄せる負のエネルギーをもち、
心や精神を消耗させてしまう。

・「どんな人にも思いやりの心をもち、親切な行いをする」ことの
大切さ。

・「誰かへの愛や思いやりが、世界全体を良くするエネルギーになる」
という真理。

・「真の赦し」の大切さ。ここでいう「赦し」とは、「そのことが
起こらなかったかのように忘れること」。また、「ありのままを
受け入れる。そして、その気掛かりな事を自分から解き放ち、
自由になること」だ。

・「真の赦し」が行われることによって、一人ひとりの魂の愛の
質量が増え、進化・成長を遂げ、それによって世界すら変えてしまう
力を持つ。
Moon Daily
CURRENT MOON
プロフィール
当ブログはリンクフリーです。 (連絡不要、お気遣いなく^^)
※相互リンクはしておりません
      m(_ _)m

sirai

Author:sirai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
フリー電子書籍
yocchan6.png

眠れない夜の子守唄絵本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。