FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話し上手は「相づち」が9割



図書館の本棚をブラブラと見ていて、
タイトルに惹かれて、借りて読んでみました。
いい本でした。

以下に気になった箇所の軽い抜粋です。
-----------------------------------------------------------

・対話のパターンに沿って相づちを用意する
 
 対話というのは、色々なパターンがありますが、
大体「話題の切り出し→自論の展開・意見の交換→話題の終息」という構成です。
この対話のパターンに沿って、相づちを用意しましょう。

話題の切り出しの時は、少し強い口調で「ええ、ああ、へぇ」としっかり受け、
相手が自論を展開してきたり意見を述べてきたら「なるほどね」と応え、
話題が終息してきたら「そうですね」と相手を肯定してあげるといいでしょう。



・本当の相づちを打てば必ず真実に触れられる

 なるべく温かい口調で「よかったら、おっしゃりたいことを全て語ってみて
ください。必ず最後まで聞きます」と告げると・・・

「最後まで聞く」と宣言するのは、相手の心を動かしやすい言葉の一つです。
この言葉をかけると、見えない真理的な壁を作っている人でも心を開いてくれる
ことがあります。
 


・相手のメンツを建てるように相づちを打つ

 人は、謙虚な姿勢で敬意をもって耳を傾ける人を嫌いにはなりません。
例え批判者であっても、こちらの真意をつかもうと賢明に話をきいてくれる人が
いれば、良心的に接しようと思うものです。

裏を返せば、相手の良心を引き出しやすいのです。
「相づちを打つ時は相手を師と思え」という教えは、言い換えれば、
相手のプライドを尊重しなさいということでもあるのです。

この心構えは、特に男性を対話する時に有効です。
なぜなら、男性はプライド、言い換えれば対面を重んじる生き物だからです。
男性の場合、プライドを最大限に尊重しさえすれば、多少は反論しても、
たいていはカドが立ちません。

男性は体面を大事にする反面、論理的に思考する傾向が強く、
「〇〇さんのご意見は鋭いですね。さすがだと思いました。ただ、一つだけ
疑問点があるのですが・・・・」などと、敬意をしっかり示してから
反論をさりげなく付け加えると、相手は感情的にならず「それもそうだね」
などと譲歩します。

つまり、メンツを立てるように相づちを打つと、どんな状況でも好意を
寄せてもらいやすくなるのです。


・怒りが爆発しそうになったら三つ数える

 相手の話を聞いているうちに、怒りがこみ上げてくるということも、時には
あるものです。どうしても話を聞いていてイライラが募り、怒りが爆発しそうに
なってしまったら、数字を「1、2、3」と数えて下さい。

必ず3つです。しっかり言葉にして頭の中で「イチ、ニイ、サン」と数えるだけで、
心は冷静モードに切り替わります。

会話以外の時でも有効ですので、怒りの感情がわいたら数を三つ数えて下さい。
信じられないくらい冷静になれます。

脳の仕組みから言うと、情動という原始的な感情は、脳の奥にある大脳辺緑系という
ところで主に作られます。下等な動物は、主に情動に基づいて行動するのですが、
人間はこの感情を高次の脳機能でさらに処理して行動します。

例えば、大脳辺緑系で作られた怒りの情動は、人間の場合、額の裏裏側にある
底部前頭前野で処理されて、人間らしい感情表現に変換します。

しかし、怒りの感情があまりに激しいものだと、この底部前頭前野が「よし、
こっちも攻撃してやるぞ」という処理をしてしまうのです。その処理をさせない
一つの工夫が、数を数えることなのです。

数を数えると、脳では外側前頭前野という部分が働きます。ここは理性的な
情報処理をする場所で、ここが働くと物事を冷静に考えられるようになるのです。
あえて数を数えることでこの部位を刺激し、攻撃モードの命令を出しそうな
底部前頭前野に冷や水をかけるというわけです。

最終的には内側前頭前野が両者のバランスをとるのですが、数字を数える時などは、
この部位は底部前頭前野より外側前頭前野を優先する傾向があるため、
理性的な気持ちが優位になりやすいのです。

コメントの投稿

Secret

Moon Daily
CURRENT MOON
プロフィール
当ブログはリンクフリーです。 (連絡不要、お気遣いなく^^)
※相互リンクはしておりません
      m(_ _)m

sirai

Author:sirai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
フリー電子書籍
yocchan6.png

眠れない夜の子守唄絵本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。