FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の不調は「唾液」を増やして解消する



読みやすく非常にためになる良書です。
なので、抜粋たくさんありますw (数回に分けます。。。)
-------------------------------------------------------

・唾液は最高のダイエット薬。

唾液をしっかり出す食事法
・しっかり噛む
・正しい姿勢で食べる
・ゆっくりゆったり楽しみながら食べる
・水やお茶で流し込むような食べ方をしない

これができれば、消化・吸収が確実に良くなり、
血糖値が早く上がり、満腹感を感じ、食べ過ぎなくなる。

唾液には
・虫歯予防効果
・歯周病予防効果
・口臭予防効果
などがあり、飲み込んでも無害。

そして、最も効果的なのが「お風呂磨き」です。
湯船にゆったりつかると、サラサラ唾液が分泌されます。
サラサラ唾液がたくさん出た状態で、歯ブラシには何もつけず、
空磨きをする方法です。

やり方
1.お風呂に入る前に、歯と歯の間にデンタルフロスをしておく。
2.湯船にしっかり、ゆったりつかる
3.歯磨き粉を使わず、空磨きをする
4.唾液は吐き出さず、飲み込んでもよい


・ストレスがたまりすぎると、唾液の出が悪くなります。
リラックスすると、唾液の出がよくなります。

また、人はストレスに打ち勝つために、副腎皮質からコルチゾールという
ホルモンを出す。これも多すぎるとストレスになる。
この出過ぎたコルチゾールを体外に排出するのが、涙と唾液です。

大きなストレスがたまったとき、涙をたくさん流して泣くとなんだか
スッキリするのは、そのせいで、また、唾液をいっぱい出すと
同様の効果が期待できます。

長寿世界一の日本は、実は寝たきり大国でもあるのです。
男性で平均9年、女性で平均12年、晩年を寝たきりで過ごします。
日本の寝たきり率はスウェーデンの約10倍です。


自宅での寝たきりは、本人もつらいですが、介護する家族の時間を奪い、
本来健康なら不要な仕事を増やします。
延ばすべきは、平均寿命よりも健康寿命です。

唾液を出す生活を意識することは、健康寿命を延ばし、
晩年を充実したものにすることに直結します。

・口呼吸になると浅い呼吸になる。そして、胸やお腹の機能も落ちる。
呼吸の際、吸う時はネバネバ唾液、吐く時はサラサラ唾液の出がよくなる。
つまり吐く時に時間をかけるとサラサラ唾液がよく出るようになる。

ため息が出るほど、ストレスを抱えていると口呼吸になる。
口呼吸になるから体が疲れて、更にため息がでる。
ため息が出ると口呼吸になる。口呼吸になると口臭も発生し、
人間関係が更に悪化し、またため息がでる。という悪循環にはまる。

つまり、口呼吸は百害あって一利なし。
・日常生活では、常にキリリと口を閉じることを意識する。
・呼吸は深い呼吸を意識する。
・ため息をつくほどストレスをためない。
・よく笑い、大きな声を出す。

姿勢によって唾液の出方が違う。
・胸を開く~これを意識することで、深い呼吸がしやすくなり、血液に
酸素が入り、血液循環がよくなり、唾液も出やすくなる。
・足の親指の付け根重心で立つ~これにより足の筋肉ポンプをうまく使える。
※歩く時も同様に、足の親指の付け根重心で。

・座る時は、骨盤に体重を預けないで、前傾でふくらはぎの張りを感じる
ような座り方を意識する。

・唾液の出やすい“正しい姿勢”を手に入れる簡単ツール
 ストレッチポール~非常に簡単に気持ちよく正しい姿勢に近づける。


コメントの投稿

Secret

Moon Daily
CURRENT MOON
プロフィール
当ブログはリンクフリーです。 (連絡不要、お気遣いなく^^)
※相互リンクはしておりません
      m(_ _)m

sirai

Author:sirai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
フリー電子書籍
yocchan6.png

眠れない夜の子守唄絵本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。