スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シックハウスよ、さようなら 2



では、前回の続きで、抜粋です。
------------------------------------------------------------

・木造校舎と鉄筋コンクリート校舎が人間へ与える影響の差は、
木造校舎の方が断然、身体的、精神的に健康によいものである。

・群馬県の中学2年生のA子さんは、掃除用具入れのペンキが塗り替え
られた直後から気分が悪くなった。改装・リフォーム工事後の被害が
続出しているのは住宅やビルだけではないのだ。内装材として使うもの、
さらには塗料からも、多くの有害物質が出ているため、
新しく工事をした箇所は危険なのである。
彼女は家では元気に、学校へ行くと脱力感、頭痛、手足のしびれ、
記憶力の低下、視力の低下が起こるようになったという。
 彼女の症状は次第に悪化の一途をたどり、ついに2年に進級してからは、
ワックス(化学物質が多く含まれる)が塗られている教室に入れなくなった。

・昔の家に比べ、今の家には化学物質が多く使われている。特に、
家を建てるときに使用する建築材料に、化学物質がかなり多く使われる
ようになってきた。たくさんの家を安い費用で作るには、同じ規格で
揃えられた建材を使うのが効率的という、大量生産の発送である。

・シカゴ大学のアレルギー医セロン・G・ランドルフ博士は、科学工業地帯の
近くに住む人々や、室内空気が汚染された住宅に住む主婦の中に、
原因不明のアレルギー症状や精神錯乱に陥る患者がいることに気づいた。
患者からの克明な聞き取り調査の結果、これらの症状が農薬、殺虫剤、
抗菌剤、消毒薬、香水、化粧品、シャンプー、ビニール製品、プラスチック、
はてはナイロンのストッキングやクッションに入っているウレタンなどと
いった化学物質でも引き起こされることを発見する。さらにそれは、
従来の常識では考えられないほどわずかな量でも引き起こされていたのだ。
ランドルフ博士は、こうした環境汚染によって生じる症状を
「化学物質過敏症」と命名した。


・化学物質は超微量でも重大な影響を及ぼすだけに、日頃からの予防に加え、
私たちが日ごろ暮らしている室内の真実を知るべきである。
 なぜなら、私たちは常に呼吸をしなければならないからである。
呼吸によって入ってくる化学物質の量は、食べ物などで口から入るよりも
多くなるため、毒性が強くなり、その分、発症しやすくなるからである。
北里大学医学部の宮田教授によれば、現在の化学物質過敏症患者の半分
以上は、新築やリフォームによるシックハウスに起因しているという。

・火災事故で人が死亡するケースでは、燃え広がる火によって焼死するの
ではなく、有毒な煙を吸い込んで意識がなくなり、結果的に焼死してしまう
という場合が多い。

・火災などの場合、煙に巻かれて死亡するというのは、酸欠や一酸化炭素
中毒のせいであり、また逃げ遅れて焼死という場合にも、一酸化炭素中毒で、
失神して動けなくなったところを火が襲うということが多い。


被害者イコール加害者のやるせなさ
最後に、ダイオキシンの発生源を突きつめていくと、
結局私たち一人ひとりのライフスタイルに行き着くことになる。
これまでダイオキシンの被害者だとばかり思っていた私たちの
捨てるゴミが、焼却場や産業廃棄物処理場に持ち込まれ、
ダイオキシンを発生させているのだ。

家庭人として家庭ゴミを大量に排出しているだけでなく、
企業人として産業ゴミも大量に排出させているのだ。
人の健康を守る病院からも注射針などの廃棄物がゴミとして
排出され、循環して人の健康や環境に悪影響を与えている。
現実に、医療機関からのゴミの不法投棄も問題となっている。

こうした私たちの今までの行為は、まさに加害者としての行為である。
この大人による行為の犠牲になっているのは、抵抗力の少ない子供
たちであり、赤ちゃんである。
私たちは将来を担う彼らに責任をとれるのであろうか。

ダイオキシンの循環について考えてみよう――
多いのが食物を通して体内に取り込まれる・・・
ゴミ処理施設から発生するダイオキシンが土壌や植物を汚染し、
それを飼料とする動物が汚染されるという食物連鎖によって、
生物の体内で蓄積濃縮されたダイオキシンを食べてしまう。

ダイオキシンは脂肪に溶け易いため、脂肪分の多い魚、肉、乳製品、
卵などに含まれることになる。・・・・
私たちの体内は間違いなくダイオキシンで汚染されている。

・・・さらに母乳だけでなく牛乳などの乳製品から検出される
ダイオキシンも濃度が高い。

(次回に続く)

コメントの投稿

Secret

Moon Daily
CURRENT MOON
プロフィール
当ブログはリンクフリーです。 (連絡不要、お気遣いなく^^)
※相互リンクはしておりません
      m(_ _)m

sirai

Author:sirai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
フリー電子書籍
yocchan6.png

眠れない夜の子守唄絵本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。