FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死もなく、怖れもなく



自分に欠けている深い宗教心のような、悟っている人のというか
長年実践して教えを広めてこられた仏教の高僧のような方の
書かれた教えの本という感じで、重かったです。

同じような瞑想のためのようなフレーズが続くので、
退屈で、面倒になり、飛ばし読み。。。

それでも、心にしみるフレーズを少し抜粋。
----------------------------------------------------------

・もし私が全く教育を受けられない貧しい家の子供に生まれたら、
読み書きもできず、貧乏のどん底で、ろくに子供の育て方も
知らない親のもとに生まれついたら、私も海賊になっていたかも
しれない。私を撃ち殺して、いったい何が変わるだろうか。

あの海賊は誰なのか。彼は私だったかもしれない。若者が
レイプした少女も私だったかもしれない。

生きとし生けるもののすべての苦しみは、私自身の苦しみだ。
私たちは彼らであり、彼らは私たちだと理解しなければならない。
彼らの苦しみを目の当たりにする時、慈悲と慈愛の矢羽根が
私たちの心に突き刺さる。

その時私たちは彼らを愛し、抱きしめ、たすける方法を
見つけることができる。そのときこそ、私たちは彼らの現実に
直面して絶望に打ちひしがれることがなくなるだろう。

そして、私たち自身にも絶望しないでいられるだろう。


・人間の貪欲のために、動物、植物、鉱物も苦しんでいる。
人間が撒き散らす汚染によって大地も水も空気も苦しんでいる。
人間の私利私欲のために森も破壊され苦しんでいる。

自然破壊によって種が絶滅し、人間同士もお互いを滅ぼし搾取し
あっている。仏教の教えによれば、すべての存在は目覚めて
本来の生を生きる力を与えられている。

ブッダや菩薩たちがまぎれもなくこの世に存在しているからだ。
彼らはどこか知らない遠い天国にいるのではない。
生きるも死ぬも私たちとともに、ここにいる。


・菩薩の慈愛によって力を与えられて、私は苦しむすべての
ものの中に自分自身を見る。私は身体が不自由な人、戦争、事故、
病気のために身体を傷めた人たちと一つになる。

私は戦争や抑圧の現実に喘ぐ人たちと一つになる。私は家族と
幸福な生活を過ごせない人たちと一つになる。自らの根と心の
安らぎをもたず、抱きしめ信じるべき美しく健全なものを求める
愛に飢えた人たちと一つになる。

私は恐れながら死を迎えるもの。死後の行方を知らずに消えて
いく自分を恐れるもの。私は惨めな貧困と病気の中に生きる子供。
手足は棒切れのように細く、未来のない子供。

私は貧しい国々に爆弾を売る武器製造者。私は池で泳ぐカエル。
おのれを肥やすためにその肉を食らう蛇。私は鳥に狙われる青虫や
アリ。虫を食う鳥。私は伐採される森。汚染される川。

私は森林を伐採して川や空気を汚染する人間。ありとあらゆるもの
の中に自分を見る。私はすべてのものが私の中にあることを
知るもの。


・私がすべてのものであることを理解する時、恐れは消滅し始める。
時間と空間のふたつの次元に深く触れたからだ。しかし、真に怖れ
から自由になるためには、不生・不死(不滅)の究極の次元を
もっと深く見つめなければならない。

自分がこの肉体だという観念、死すべきものであるという観念から
みずからを解き放たなければならない。この場所こそが、怖れなき
場所であることを見きわめる。

これが第三の大地に触れる修練だ。次の指示による瞑想は、
この場所に至るたすけとなるだろう。


・修練によって不生・不死の実在に深く沈潜し、去・来が単なる
観念にすぎないことを悟るならば、修練を重ねて堅固で平和な心を
確立するならば、死にゆく人々に救いの手をさしのべることが
できるだろう。

その人が怖がらず、苦しまず、安らかに旅立っていけるように
手助けをすることができるだろう。みずからも怖れなく生き、
平和に死んでいけるだろう。

自分の力で不死の智恵を持つのだ。死もなく、恐れもなく、
あるのはただ継続だけであると。


【著者の他の本】
・生けるブッダ、生けるキリスト
・大地に触れる瞑想
・怒り(心の炎の静め方)

コメントの投稿

Secret

Moon Daily
CURRENT MOON
プロフィール
当ブログはリンクフリーです。 (連絡不要、お気遣いなく^^)
※相互リンクはしておりません
      m(_ _)m

sirai

Author:sirai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
フリー電子書籍
yocchan6.png

眠れない夜の子守唄絵本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。