FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の秘密



愛に満ちたとってもいい本でした。

冗漫な部分も多々あって、ざっと走り読みでしたが、
それでもとてもいい箇所が多くて、
以下に・・・ちょっと多いけど抜粋^^
-------------------------------------------------------

・この本の目的は、いかにしたら満ち足りて恐れの少ない
人生を生きることができるかを伝えることにある。

・それ以前の著作
『未来からの生還』『続・未来からの生還』


・――それまでは健康でたくましく敏捷だったから、
こうした身体的特性は当たり前と思っていた――雷に打たれる
までは。

だから私は自分に誓った。二度と感謝の祈りを忘れずに食事を
しないと。日の出の美しさを無視しないと。他人から受けた
どんな些細な親切にも、ありがとうと言うのを忘れないと。

ヴェールのこちら側では、いつが地上での最後の日になるか
わからないのだから、全ての瞬間をありがたくかけがえのない
贈り物として心から感謝するのが賢明というものだ。

・『人類を創成した宇宙人』


・まちがいや偶然は存在しない。あらゆるできごとは学習の
ために与えられた恵みなのだ。(E・キューブラー・ロス)

・自分自身を、または誰か他者を赦さないと、私たちは一番高い
レベルの幸福と一番深いレベルの霊的本質を、知らず知らず遠ざけ
ていることになる。

正直な話、私はこの天国の見識の深さに痛切な感謝を感じて、
しばらくそれを噛みしめていた。というのも、私は恨みにしがみ
つくのが本当に好きな人間だったからだ。

最高に楽しかった思い出には、心の傷をなめながら過ごした時間が
いくつも含まれている。今、生まれて初めて、こうした恨みを抱え
ることは、腹を立てている相手にエネルギーを取られているだけだ
ということに気づいた。

その結果、私の人生と相手の人生は、私が心を開いて赦すと決心す
るまで強くもつれあうことになる。以前どこかで、赦すというのは
そのことが起こらなかったかのように忘れることだと読んだことが
ある。

赦しには本当に大変な強さとパワフルでたくましい勇気が必要だが、
その見返りは想像も及ばないほどだ。

・私は人間が地上にいるのはたった一つの理由によることを理解した。
聖なる愛を活き活きと映し出し、表現するためだ。絶えず愛を現実の
ものと気づきながら生きていれば、私たちは聖なる秩序に調和し、
高い意識の場に固定されていることができる。

赦しとは愛の行動だ。赦しという聖なる行為を通して、私たちは
さらに多くの愛と喜びを世界に映し出す能力を飛躍的に伸ばすのだ。

・アルバート・アインシュタインも「他人のために生きた人生だけが
価値のある人生だ」と言っている。

・人間が病気になる一番の原因はストレスだから・・・霊的行動主義の
一形態として、静けさが人を癒す性質を利用する・・・

・実際、私たちがこの世で行うことが、ものごとの大きな計画の中で
どれほど決定的に重要か、わたしの心にはっきりと刻み込まれた。
私たちは、一人ひとりの進歩が、人類全体のそれとともに、宇宙全体の
総合的な発展にはっきりと、とても大きな影響を持つ事を肝に銘じる
べきなのだ。

私たちは一人ずつ、神の完全な計画の中に巧みに織り込まれている。
全体としても個人としても、私たちはその完璧さの追及に欠かせない
存在なのだ。

・わたしたちはすべて昼も夜も、私たちを見守る存在の愛に
守られている。

・皮肉にも恩寵を得るには、その赦しこそが必要なのだった。恩寵を
通じてのみ、こういう迷える魂は彼らを光へと導く道を見出すことが
できるのだ。

・「わたしたちの思いが態度をつくり、その思いと態度が私たちの
経験する――現実と来世の両方の――人生の質を作り出すのだ」

・人生の痛みや苦しみを不相応に受けているという被害者意識を無視
する力に比例して、私は精神的にも肉体的にも強くなっていった。
自分を憐れむ気持ちを、人生が実際に与えてくれているものへの純粋な
感謝の気持ちに引き換えたことが、私の霊的成長を加速させた。

『奇跡のコース』は奇跡が私たちの知覚の変化にすぎないと教えている。
人生に対して反発するのではなく応答することを意識的に選択したら
それまでに経験したことがないような内面的バランスが作られた。



・マハトマ・ガンディーは「この世界に望む変化に、わたしたち自身が
ならなくてはいけない」と言った。

・遅かれ早かれ、最高に頑固で無鉄砲な間抜け野郎も分別には屈服する。

・愛のパワー/信念のパワー/選択のパワー/祈りのパワー

・人生の別の側から愛を眺めて、私はそれがパワーであることを知って
いる。このことを絶対に忘れてはならない。愛のパワーこそ、私たちが
あらゆるものの霊的本性を見分ける鍵なのだ。

この理解で一番重要なのは、誰かの中に愛するものや賞賛するものを
見つけたら、あなたは実は既に自分自身の中にあるもの――あなたの
愛と賞賛に深く値するもの――を発見しているという点だ。

わたしたちは絶えず愛をやりとりしようとしている。

・愛と同じくらい大切で、もしかすると同じくらいパワフルなのは
笑いだと思う。誰かと一緒に笑うこと――ふざけて笑うのではなく、
心を通わせ合って笑うこと――は、愛を共有する究極の形だ。

笑いは互いが親密につながるひと時に聖なるものを現出させる。
一緒に笑うことは、調和した一体感を力強いレベルで作り出し、
すでに私たちの内部に存在している愛を理解させてくれる。

・「上機嫌にしているとき、私たちは永遠の魂と一つになっている」

・人生のすべては、私たちの承認と力添えによって教訓を与えるように
できている。私たちが何でも受け容れ、愛に満ち、上機嫌でいると、
人生の教訓は失望を作らなくなる。

要は、人生の失望やつまずきにくよくよしないことだ。それよりも、
そういうものをばねにして、もっと強く、もっと思いやりを持たなく
てはならない。そうすれば私たちは上昇し、失望を繰り返す必要が
全くなくなる。

・陽気でいようと努力し、人生はよいものだと愛をもって期待しながら
生きれば、世界はそういう美徳の見事な反映になる。何事をする時も
愛と上機嫌を全身で表していれば、人生が天国をそのままこの世に
写したものになることが保証される。

・老子曰く「ものごとを行う唯一の方法はそれ自身になることだ」
だから、愛を作る唯一の方法は意識的に愛になることだ。

・私たちは持っているものを与えると、引き換えに持っていないものを
受け取る。与える方が受け取るよりはるかによいと言われているが、
愛についても同じことだ。

・自分がいったい何者なのか、どれだけ愛のパワーを持っているかを
知るべき時だとおもったら、あなたの時間と愛と優しさを、
引き換えに与えられるものをまったく何も持っていない人にたっぷり
と与えることをお薦めする。

・愛すれば愛するほど、さらに愛せるようになる。
愛の心に自分を集中させるには、意識的な深呼吸が一番いい。
毎日時間をとって深呼吸を練習すると、霊的な核へ意識的に同調でき
ることが増える。

さらに私たちの考えの間に宿る聖なる安らぎを発見するには、
瞑想が欠かせない。聖なる安らぎとのつながりは、ハイヤーセルフ
(高次の自己)と意識的に一体化するために絶対必要だ。

――意識的な深呼吸と瞑想を毎日の習慣に加えればいい。

・感謝の気持ちもこれに不可欠な要素だ。毎日受けた恩恵を数える
ようにしよう。絶えず感謝しながら生活すると、もっと感謝するものが
現れる。愛と感謝をブレンドすると、人生のキーに合ったハーモニーが
出来上がる。

・私たちが毎日感謝の祈りを捧げれば、計り知れないほど宇宙の
バランスを保つ助けになる。アファメーションは、私たちの人生を改善
するのに必要なプラスのエネルギーを引きつけるので、バランスの維持
にとても効果がある。

・一日中繰り返して愛や感謝をアファメーションすることは、体と
魂を整えて聖なるスピリットからの贈り物をやすやすと受け取れるように
する。これは私たちの霊的な仕事の重要な部分だ。

祈りを通じて、私たちはスピリットに話しかける。瞑想を通じて、
私たちは耳を傾ける。そしてアファメーションを通じて、私たちは
霊感や豊かさや美しさの高次のエネルギーを楽に受け取る手段を作り出す。

・悪いニュースが四六時中流されている。そういうものすべてに対する
盾を見つけなければ、わたしたちは皆、人間の残虐行為を次々と繰り出す
メディアの餌食になる可能性がある。

私たちは暴力と破壊行為の文化にはまり込んでいる。絶望に慣れてマヒ
してしまわないよう、意思的な選択をしなければならない。

人生というのは、すごい驚きや冒険を経験する、喜びに満ちた機会だと
いう信念をしっかり持たなくてはならない。

・ものごとがなってほしい方向へ、起きる必要がある変化へ目を向け、
根絶したいと思っている苦悩や悲惨な状況に気をとられないことが
必要だ。

・したがって、人生の経験は私たちが想像力を限定しなければ無限なのだ。
「願い事には気をつけろ、かなってしまうことがある」という諺もある。
もっと言えば、想像力が選んで信じるものには気をつけろ、あなたは
それを作ってしまうのだから。

・『イリュージョン――悩める救世主の不思議な体験』


・愛と永遠の命の完成を信じてこの人生であなたが行うことは、あの世で
あなたを待ち受ける人生の質を決定する。思いやり、愛、思慮深さを
信じればやはり同じようなことを永続させる。

・わたしたちが人生で「何を」するかより、「なぜ」それをするかの方が
はるかに大切なのだ。ついに、何が本当に大切なのかわかった――
わたしたちの「意図」、あらゆる行動を支える動機だ。
これが魂の真の評価になる。

・【レッスン1の内省とアファメーション】
「私は完璧だ。聖なる親の美しい似姿だ。人間であるためにいかなる
不完全さが表れようとも、霊的に完全なわたしのアイデンティティーは
損なわれていない。わたしは大いなる神の本質だ。」

「わたしは宇宙の完璧さを見事に体現しています。」

・使うべき才能を持って生まれた人は、それを使うことに最大の幸福を得る。

・『死ぬ瞬間』エリザベス・キューブラー・ロス著


・愛を与えれば与えるほどそうする能力は高くなる。
              (デイヴィッド・ホーキンス博士)

・あなたが求めるものはあなたを求めるのだ。あなたの魂の中にある
強烈な願いはすべて、神から与えられた使命の聖なる側面なのだ。
それはすべての人の利益のため、あなたが育んで明らかにするよう
スピリットが計画した賜物なのだ。

わたしたちが人生で行うことの中に単なる自己満足のためのものは一つも
ない。霊的に最高の観点から見て、人生の中の行動はすべて、あなたが
知っているかどうかにかかわらず、生命の集合意識を進歩させるために
行われている。

・世界をもっとよい場所にするのに必要なのは思いやりのある心による
意識的な努力だけ――愛する行為を一度に一つずつ積み重ねていくことだ。
わたしたちが拡大するとスピリットも拡大する。

親切、赦し、そして思いやりの行為はすべて宇宙がさらに多くの愛を作る
助けになる。愛だけが現実で、だから愛こそはあらゆる生命を誕生させ、
育み、養うのに不可欠な力なのだ。

愛はわたしたちの本質であり、また運命でもある。

コメントの投稿

Secret

Moon Daily
CURRENT MOON
プロフィール
当ブログはリンクフリーです。 (連絡不要、お気遣いなく^^)
※相互リンクはしておりません
      m(_ _)m

sirai

Author:sirai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
フリー電子書籍
yocchan6.png

眠れない夜の子守唄絵本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。