FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる/死ぬその境界はなかった



臨死体験ブームの先駆けとなったレイモンド・ムーディー氏の
総大成のような本です。とってもいい本でした。

臨死体験関係の本を読めば読むほど、
結局、人は、この生の世界以外の世界を考え始めることで、
スピリチュアルな人になっていくんだなと。

もともと人は、この目に見える世界と、この人の体に備わった
目では見えない世界とにまたがって生きているスピリチュアルな
存在なのだから、スピリチュアルになって当然なワケですが。。。

では、以下に軽く抜粋。
-------------------------------------------------------

・病にある時、人は弱さを感じる。だが、同時に強さを感じることも
できる。それはものごとをどう受け止めるか、そこをいかに掘り進んで、
新たな力の源を発見できるか否かにかかっている。

・Q:精神と肉体は共存しているといっていいですか?
 A:全くそうではない。私にとっては、脳は受信機のようなもので、
  それ自体が意識を生み出しているわけではない。脳は別のところから
  意識を受信している。

・誰であろうと、皆生と死に関して同じ疑問を持っている。その疑問に対し、
満足のいく答えがまだ与えられていない。時代は進み、世界は変わる。
しかし『われわれはなぜ生まれ、死んでどこへ行くのか』という問いに
答えて欲しいという、人間の望みは変わらない。

・私は肉体の死後にも生命が存在することを知りました。
その生命にとって愛が重要だということも、わかりました。

・生きる中で人事を尽くしていると、ときに思いがけない発見をする
ことがある。その発見はあなたを、思いもよらない方向へ導く。
そのような体験を経て、人は人生の指針を得る。これが天命というものである。

・あの時、地上で生きるとは監禁されるようなものだと感じたんだ。
肉体の中は牢獄のようなもので、死はそこからの解放だった。

・プラトンはさらに、私たちが死後生命について話す時、冷たく硬い言葉を
使うのではなく、死を恐れる人々のために、心が休まるような言葉を使うべき
であるとのべている。また死後生命について語ることは、ある意味で一種の
まじないや、「魔法の言葉」を使うことにも似ているという。

「なぜなら、それを心の中で繰り返し唱えることにより、私たちはこの地上の
人生の浮き沈みを乗り越えて行けるのである」

・臨死体験者らは「死に対する見方が変わった」と告白している。彼らは
もはや死を恐れない。しかし死に急ぐのではなく、死ぬまでにやるべきことが
あり、成長すべき点があることも自覚している。

・死にゆく際の心の過程には5つの段階がある。
はじめに「否認」:自分はまだ元気だし、死ぬというのは間違いではないかと
思う段階。2番目に「怒り」:なぜ私が死ななければならないのか、と怒りを
ぶつける段階。3番目に「取引」:死なずにすむために取引を試みる。(
子供が成長するまでは生きさせて、など)。4番目に「抑うつ」:私は死ぬん
だという投げやりな気持ち。最後に「受容」:死を受け入れ、死に備える段階。

・私たちは病を得るという体験がどういうものかを知るために、
かかる病を選んでいる。

・心と体は深くつながったものである。

・ギリシア文明とスクライング~『ギリシャ人と非理性』

・ときに私たち最大の敵は、自分の心にわき起こる否定的な思いで
あったりするものだ。

・私は自分の自殺未遂について尋ねた。それは必要なことだったのか?
彼らのうちのある女性が、自殺は必要ではなかったと言ってくれた。
なぜならこの地上における問題は、思っているほど意味のあるものでは
ないからだと。

「人が地上にいる時、人生の諸問題は非常に大きく感じられるものです。
しかしいったん地上を去ると、いかに小さなものだったかわかります。」

「そんなことはどうでもいいことです。お金は地上だけのものです。
ふりまわされてはいけません。」

・既成概念にとらわれることの危険、幅広く柔軟に考えることの大切さ。

・私たちがいる地上世界は、私たちの想像の産物、虚構に過ぎない・・・
そう思うくらい、向こうの世界の方がリアルだった。

【著者の他の本】
『永遠の別世界をかいま見る 臨死共有体験』
『帰還――精神科医による過去世の探求』


---------------------------------------------------------

ところで、以前、ヒプノセラピーやら、退行催眠のセミナーとか
よく参加してたことがありますが、今までに、
一度も過去世を体験したことがりません。。。

でも、興味はずっと持ち続けてるので、やはり一度は
体験してみたい!
で、退行催眠のやり方を探してみました^^

一人でできる退行催眠のやり方
自分で退行催眠をやってみよう
自分でやる退行催眠、簡易バージョン

ムーディー博士の退行催眠でも、
初めはかからない人でも、何回もやるうちに
入りやすくなるとあるので、

たぶん自分で自分にかける場合でも、
1回やってダメでも、何回かやるうちに、
入れるようになるのかもしれません。

ということで、私も試してみようと思います^^v

コメントの投稿

Secret

No title

しらいさん、こんにちは。
5年位前にお世話になった
minoruです。

最近、波動の練習をするようになり、
ふと、
そういえば昔
しらいさんがレイキをやっていたな

と思い出し、
こちらのページに辿り着きました。

しらいさん、すごい!
レイキも、ヒプノもできるんですね!!

しかも読んでみたい感じの本の
書評がたくさん!

素敵なブログを作っていただいて
ありがとうございます。(^ー^)
Moon Daily
CURRENT MOON
プロフィール
当ブログはリンクフリーです。 (連絡不要、お気遣いなく^^)
※相互リンクはしておりません
      m(_ _)m

sirai

Author:sirai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
フリー電子書籍
yocchan6.png

眠れない夜の子守唄絵本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。